トップへ
東京大学生産技術研究所 アニヴァーサリーホール
IIS Anniversary Hall, The Univ. of Tokyo.
2013-03-05
本施設は、東京大学生産技術研究所60号館の改修工事である(前、超音速気流総合実験室)。
 既存建物である60号館は、昭和37年に我が国最初の超音速風洞として完成し、超音速気流風洞実験室及び高速内部流体実験室として利用されていた。昭和39年の宇宙航空研究所となって本格的に利用され、超音速風洞は空気力学部門、内部流体実験室は原動機部門として活用された。その後、宇宙科学研究所が平成元年まで管理していたが、変電室の漏水等を理由に機能停止状態に至った。
 本計画は、生産技術研究所の第二工学部時代からの研究のクロニクルの整理とアーカイブ事業を継続して行えるようにするため、研究棟の床面積の確保と、生産技術研究所60周年記念館としてのアーカイブ資料館機能を併せ持つ、60号館を整備するものである。今回の1期改修工事の範囲は、研究室機能が主であり、既存建物の複雑な空間を整理しつつ、現代の研究室環境の充実と使いやすい空間の確保に配慮した計画とした。今後の2期改修工事にて、アーカイブ資料館機能が付加されることで60号館は完成となるが、既存建物の構造躯体を有効に活用することで、建設計画全体のCO2削減や環境負荷の低減はもとより、50年という長い時間をかけてなお現代も存続しうる60号館を、時間の経過を建築として表現することで実現したいと考えている。
 具体的には、既存の構造躯体は、天井を張るなどして隠蔽するのではなく、躯体に最小限の表面処理だけを行い、積極的に素材の経年変化を表現しうるような計画とした。また、設備配管スペースを既存建物の外観を阻害せずに確保するため、外部PSとして既存建物から離隔して設置する計画とした。そして、内部では、二階を二重床とし、フリーアクセスフロアとするだけでなく、配管引き込みスペースや、床下空調のチャンバーとして、設備的な空間にインテグレートしている。
正面エントランス(増築部分)
増築したエントランス.
旧超音速風洞実験室を改修した記念ホール.
記念ホールよりエントランス方向を見る.
ギャラリー(旧電気室)
風洞空間を展示ギャラリーに改装.
ドーム天井、エントランスに浮かぶスロープ.
研究室内観. 柱や梁は通常の塗料を用いているが、天井面や壁面には高反射性塗料を用いることで、間接光のみで十分な明るさを確保している.
階段と廊下との取り合い吹き抜け部分.
旧消音塔を換気塔として改修.
エントランス夜景
各研究室用に用意されたPS/EPSタワー.
改修前の中央ホール部分
改修前の階段、ガラスが嵌め込まれたドーム天井のトップライト.
所在地:東京都目黒区
用途:研究所兼ギャラリー
建築設計:遠藤克彦建築研究所
構造設計:万建築設計事務所
設備設計:EOS plus、Comodo設備設計
敷地面積:97019.27㎡(キャンパス全体)
建築面積:2018.92㎡(60号館全体)
延床面積:3387.18㎡(60号館全体)
構造:RC造
規模:地上3階
施工:株式会社 イズミ・コンストラクション
関連カタログ
2013-03-05
「東京大学生産技術研究所アニヴァーサリーホール」を新建築2013年3月号に掲載いただきました。